好きなんだからしょうがない

愛は最強で最高のパワー

嵐を遠くに感じてしまう話

 

嵐がメディアの人になってしまった。嵐がどんどん遠くに行ってしまう。

そう感じるようになったのはいつだったか。

 

 

 私が嵐をすきになったとき、やっていたテレビ番組は「嵐の宿題くん」「ひみつの嵐ちゃん!」「VS嵐」の3つだった(個人での出演は除く)。

 当時は遅くまで起きていることができず、宿題くんはほとんど見られなかった。やっと夜更かしを覚えた頃に終わってしまった。でも、最終回の宿題くんをよく覚えている。5人がパジャマを着てお喋りして、ゆるゆるのまま「おやすみ」と言って番組が終わった。もっと見たかった。2013年にはひみつの嵐ちゃんも終了した。ひみつの嵐ちゃんが大好きだった私は、とにかくショックだった。終わるなんてありえない!信じない!とずっと思っていた。VIP ROOMでお気に入り嵐に選ばれてキャッキャする嵐がすきだった。マネキン5で選ばれなくて不貞腐れるのがかわいかった。ランキングダービーで馬の着ぐるみを着て、いろんな人にいろんなランキングを聞いているのが面白かった。いつしか5人で収録するのが難しくなった嵐は、2人ずつ出るようになってしまった。私はこれがすごくさみしかった。嵐のレギュラー番組なのに、5人で出られないなんて、と。そのときにいつも司会進行をしてくれていた翔くんがいないと、ぐだぐだになってしまったり、カンペを丸読みしたり、慣れてないのが顕著だった。普段から進行をやっているわけではないのだから慣れてなくてうまくいかないのは当たり前だ。このとき「ほら、やっぱり翔くんいなきゃダメじゃん。5人でやればいいのに」と何度も思った。次に始まる有吉と翔くんの番組予告を見てようやく現実を受け入れた。もうマネキン5やVIPルームは見られないんだと思うと、やっぱり悲しかった。その局の音楽番組に出ることも減り、余計に悲しかった。

 そして宿題くんがなくなった2010年は、新しく「嵐にしやがれ」が始まった。当時はアニキゲストと称してゲストは男性のみだった。今現在は、放送当初恒例となっていたセット回転はしなくなった。かわりに美味しいものを食べる嵐が見れる。ここでの食レポも、みんななんだかんだちゃんとしてくれる。今は記念館でメンバー1人がその回の進行を務める。何度も企画が移り変わったが、それでも2018年の今もなお、ずっと土曜のゴールデンの時間で番組が続いている。しやがれを見ていると、テレビの人なんだという思いが強くなる。

そして先日、VS嵐が10周年を迎えた。関東ローカルで始まった番組も全国放送になり、ゴールデンに移動し、年数を重ねるごとにお茶の間の人気も増えていった。「嵐は興味ないけど、VS嵐は見たことがある」という人もいるくらい、いろんな人が見る時間に放送しているんだと思う。VS嵐もやるゲームの移り変わりはあったものの、10年も番組が続いてきた。何かとスペシャルで2時間やることも、嵐の番組の中では一番多いと思う。需要があるから放送してくれる。


テレビ出演と関連して、CMの出演数も多い。

現在嵐全員で契約されてるCMの本数は25本。*1 相葉くんは男性CM出演ランキング1位を獲ったこともある。テレビを付けたら勝手に嵐が出てる。企業の一商品をお金をかけてテレビで紹介するからには売れてもらわないと困る。CMの出演数が多いこと、契約更新してもらえることは、それだけ企業に信頼さらている証拠だ。嵐を出せば売れる、というわけではないだろうが、嵐の人気が定着しているからこんなにもお仕事がもらえているんだと思う。

 

嵐の人気に火をつけた「花より男子」はもちろん、ニノの「流星の絆」など、嵐はドラマにもよく出ている。そして、ありがたいことに主演であることが多い。局を跨いでのドラマリレーをしたことだってある。ドラマとなれば、週に一度、必ずテレビに出ることになる。必然的に目につく機会が増える。そしてドラマ主題歌を歌うことも多く、嵐が主演を務めればだいたいシングルが発売される。1クールで1枚シングルが出る。シングルが出れば音楽番組への出演も増える。アルバムのリード曲を披露しているときもある。また、テレビで、メディアで嵐を目にする時間が増えるのだ。

ここ数年は映画出演も増えた。2017年は「忍びの国」、「ナラタージュ」、「ラストレシピ」と続いて公開され、今年は5月に「ラプラスの魔女」と8月に「検察側の罪人」が公開される。映画が決まれば、公開直前には番宣と称して普段出ないであろう番組にも出る。私はとくにこのときに嵐がテレビの人になってしまったことを強く感じる。普段、メンバーが近くにいるレギュラー番組とは違い、ゲストとして番組に招待される。そこでバライティーのノリとか、食レポとか、そういう「テレビ的」なものを求められる。テレビに出演しているのだから当たり前だ。しかし、これが上手になるのがさみしい。例えばVTRを見た後のコメントが下手ならそれはそれで「何言ってんだ!」「もっとちゃんとコメントして!」と思っていたのに、スラスラと感動するコメントを言われると言い知れないさみしさがこみあげる。ああ、上手だなあ、すっかりテレビの人になったなあと思ってしまう。それが成長した証なのに、だ。なんでこんなに欲張りなんだろう。成長した彼らがまたテレビに呼んでもらえて、また露出が増えるのはいいことなのに。誰かの手を借りず、いろんなことができてしまうようになった。

 

 

アイドルである彼らがステージに立つのは年に一度のコンサート。5大ドームツアー。毎年のようにオリジナルアルバムが発売され、11月あたりから始まるドームツアーが組まれる。近年は東京公演が2回あったり、東京5daysなんて時もあった。何回東京でやるんだよ。なんて贅沢なんだろう。それでもチケットは当たらないが。国立競技場が解体されるまで、夏は国立でのコンサートもあった。

毎年アルバムが出ることも、毎年ツアーが組まれるのも、それもドームなことも、全部全部当たり前じゃない。嵐がずっと前を見て、前を向いて走り続けてきたからだ。だから実現できていることだ。私はいつの間にかこの状況に慣れてしまっていた。

コンサートがなくても、アイドルとしての彼らがなくても、生活に彼らがいるのが当たり前になる。

 

 

嵐が30歳を越えた。もういい大人だ。コンサートをして、テレビに出て、いろんな経験をして、今の嵐が前よりよくなることがいいことなのだ。でも、テレビに出れば出るほど、メディアの人になればなるほど、近くにいたわけでもないのに彼らを遠くに感じてしまう。

露出が増え、嵐が世間に認知され、CDやDVDが売れることが嬉しいのに。もっともっと活動の幅が増えることが、嬉しいはずなのに。

 

彼らの人気が今なお衰えないこと、彼ら自身が前を向いて立ち止まることをしないこと、これは素晴らしいことだ。芸能界の現状維持はとても難しいものだと思う。それができている。

 


でも、さみしい。

たまに振り落とされそうになる。ああ、遠いなあって思う。感覚的な問題なので、嵐にどうしてほしいわけじゃない。今の安定感のある嵐がだいすきだ。ずっとお互いを気遣いあい、5人で笑ってるのを見ると幸せな気持ちになる。たまに、少しだけ、10年前の彼らを思い出して思いを馳せてしまうのだ。みんな髪型が奇抜で、なんでそういう服着るの?って衣装着て、今はもう歌わないであろう若いときの歌を歌ってる嵐が恋しくなるのだ。

 

変わっていくことを何故

僕らは恐れるのかなぁ

変わらないものを笑うくせに

大好きな「できるだけ」の歌詞にもある。変わることは悪くない。変わることは少し怖い。でも、変わらないことのほうがもっと怖い。

ずっとずっと走り続ける嵐に、私が息ができなくなって追いつかないだけなのかもしれない。

 

 

それでも私は嵐がすきで、たぶんずっとそのときの「今の嵐」がすき。ずっとずっと追いかけ続けるんだろう。

翔くんの「ステージ上終身雇用」という言葉を信じて今日の嵐を応援する。

このさみしい気持ちとともに。

 

*1:Johnney's netより

今年度の現場の話

昨年3月に「今年度」の目標として、何かしら現場に行くと決めていた。書いたタイミングがたまたま3月だったから年度で考えたんだろうけど、なんとなくキリが悪い。でも一度書いてしまったし、3月の現場を終えたし、せっかくなので今年度の現場まとめをしようと思う。

 

行った現場は以下のとおり。

  • 7/8 嵐のワクワク学校2017 
  • 9/16 Endless SHOCK 2017 
  • 12/1 GACHI〜全力entertainment 4U〜 
  • 12/16 KinKi Kids CONCERT 20.2.21 
  • 12/24 ARASHI LIVE TOUR 「untitled」
  • 1/13 舞台「ぼくの友達」昼、夜
  • 2/26,3/17 Endless SHOCK 2018

 

合計9現場でした〜。

でも、上半期何もなし!!!!!

嘘でしょ。いや泣いてないよ、泣いてない。もう涙引っ込んだ!秋冬に現場多いグループ推してるんだしってことで自分を納得させた。落選の通知が来るたびに悲しくなってた時期はもう終わったんだ。今年はもう少し、活動的になれるといいな。自分がな。名義が仕事してくれるといいな。

元々どこにも飛ばない地方の茶の間オタだったので、この数でも十分楽しかった。行きすぎると現場ないと生きていけなくなりそうだし。実際先月は現場を求めて毎週のようにぴあに電話をかけていたわ。ほとんどダメだったけど。

 

振り返ると、どの現場も何もかも新鮮で、キラキラしてて楽しかった〜〜!!!ほんとにこの一言に尽きる!楽しかった。

 

(以下、感想をダラダラと)

7月のワクワクは人生初ドームで、本当に心の底からワクワクした。ドーム、広すぎてびびった。会場に入る前にあんな人混みの中に入らないといけないことが何よりの地獄で、行きはずっと友達の手を握っていた。あんなんすぐはぐれるでしょ。着席でメモしながらの公演ももちろん初めてだった。生でセクゾを見たのも初めてで、あまりに勝利くんが美しすぎて、彼が手を振るたびに「国宝が手を振ってる!」と興奮したのを覚えている。

9月のSHOCKはFC枠で行けず、一般A席をなんとか確保できて、これまた人生初のSHOCKを観た。この公演で辰巳雄大に出会えた。襷掛けしてる辰巳のステフォはしっかり飾って毎日見てる。かっこよすぎ。

そんなわけでまた彼に会いたくて、ふぉ〜ゆ〜が観たくて、12月にGACHIを観に行った。今までアイドルとこんなに距離が近いことがなくて(物理的にも心境的にも)、何回も目が合ったのでは!?と錯覚した。一緒に踊ったのが楽しかった。もう一度「アスパラガス!」したい。8月のクリエの公演も行きたかった〜!知るのが遅いとこうなる。

そして2週間連続の東京ドーム。このときだけ東京に住みたかった。KinKi Kidsが2人揃っていることが何より嬉しくて泣いた16日の公演。ペンラもうちわもないドームってどんな感じになるんだろう、とそわそわしたけど、そんなそわそわすぐになくなった。2人の声がドームに響いて、オーケストラの音と共に心の芯のほうへ染み渡る。聴き惚れる。まるですべての歌がKinKi Kidsのことを歌っているかのようで、胸が苦しくなった。MCではニコニコした光一くんと楽しそうに笑うつよしくんが見れたし、本当にあっという間だったなあ。とにかくKinKi Kidsというものを強く感じた。終わった後はすごかった〜だのめっちゃキンキだった〜だの、ない語彙力が更になくなった。あとバックにふぉ〜ゆ〜いたの最高すぎてそれでまた泣きそうになった。

12月24日の「untitled」。忘れもしない、あの緑色のペンラの海。自担の誕生日。この公演のときの座席はいわゆる天井席で、会場が暗くなっても天井のちっこい明かりが必ず灯ったままなのでずっと明るい席だった。肉眼じゃ嵐は小さすぎて見えないし、私の視力が悪くてモニターの歌詞さえ見えにくい。スタンド1列目に行きたい、アリーナ行きたい、そう思いながら公演が始まるのを待っていたら聞こえてくる「フゥ〜〜!」という声。もう出てきたの?と周りを見渡せば、圧倒的緑色な会場。ペンラを違う色にしていた人がどんどん緑にしていき、そのたびに「フゥ〜〜!」の声も大きくなる。ほとんどのペンラが緑になったときの綺麗さったらありゃしない。上から見るこの景色は最高だった。ああ、私はこの景色を見るために天井席だったんだな、と思った。それくらい綺麗だった。このペンラの海は本人も気づいていてくれていたし、こんな会場が一体になることがあるんだと感動した。自担の誕生日の日に当たったこと自体奇跡なのに、こんな景色まで見られるなんて、こんな、こんなとこ来てたなんて(Hip Pop Boogie)。ペンラ振り回して、大声でC&Rして、最高に楽しい時間だった。ちなみにこの公演に辰巳が見学に来ていたらしい。2017年後半、辰巳雄大に捧げすぎ。

年明けて1月は辰巳の舞台。一日のうちに2回同じ公演を観るのは初めてだった。贅沢すぎる。小さな劇場だった分、距離が近くて、会場全体を使っての舞台ですごく楽しかった。辰巳雄大くん、顔が小さいしスタイルがよすぎる。スーツ似合いすぎる。辰巳の演技に引き込まれすぎて、またすきになってしまった。

2018年のSHOCKはありがたいことに、2月と3月公演どちらも行くことができた。初帝劇。光一くんがたくさん貼ってあって、見てるだけなのに逆に見られてる気がしてちょっとドキドキしてしまう、あれ。私、光一くんのお顔を10秒以上見れない。眩しくて。今回は出演者の顔と名前が一致していたので*1、目が追いつかなくて困った。だってどこを見ても誰かしら何かしらしているんだもん!全部見たい!そして、カイトがめちゃくちゃかわいいことに気づいてしまった。フォトセ買っちゃったよ。光一くんは相変わらず鍛えてて終始かっこよくて、美しいお顔と声を聴けたことが嬉しかった。二幕の始めのコウイチ、いつ観てもゾクゾクする。

 

ここまでダラダラ書いた内容を総括すると、

生身の人間が与えてくれるエネルギー半端ない!!!

めちゃくちゃ元気になれる!!!

ということ。

すごいね、テレビや雑誌からでも元気もらえるのに、それ以上のパワーもらえるんだから。

 

ひとつだけ悔やむことがあるなら、斗真主演の舞台を観に行けなかったこと。チケットが取れなくて、当日券も買いに行けずに、一度も観ることなく秋を終えてしまった。後から舞台雑誌読んで、這ってでもチケット探すんだった、と泣いた。

 

 

話が少し変わるが、去年の5月に、相葉くんがBABA嵐で必勝祈願をした神社に行って勝守を買った。なんの勝負があるわけじゃないのに買ってしまったな、なんてこのときは思っていた。でも違った。私は公演があるたびにチケット争奪戦に参加していたのだ。

 

そして今年も嵐のドームツアーが決まった。毎年落選していたツアー。ずっと行きたかった、嵐のドームツアー。

今年、念願叶ってツアーに当選できた。

これは11月の出来事なので、実際購入してから半年後のことだが、全てはこの勝守のおかげだと思っている。その後、キンキの公演も当選し、辰巳の舞台も行けたし、SHOCKだって行くことができた。お守りのおかげだと信じている。ありがとう相葉くん、ありがとう諏訪神社

f:id:ssaaam:20180402234418j:image

1年間、仕事をしてくれたので2017年分のお守りは燃やして、年明けにお礼参りをして、1月にまた買った。

今年も1年間、お世話になろうと思っている。よろしくね。

 

今年度も、今年もいろんな現場に行って、いろんな出会いをして、いろんな発見ができますように!

 

*1:前回はカイトとゲンタを逆に覚えていたくらい把握してなかった

自担の髪型事情その2

 以前こんな記事を書いてから、半年が過ぎた。

http://ssaaam.hatenablog.com/entry/2017/08/16/213721

 

まさかまだ自担の髪に振り回されているとは思わなかった。というか、前から今もずっと振り回され続けている。(今回のメインはつよしくんだけど)

 

 

昨日、ラジオでつよしくんは言った。

「髪、切るんですけどねえ」

 

えっ……

一大事である。

 

 

ラジオを聴きながら、ぼーっとした頭でつよしくんのことを考えた。

すきになった2015-2016カウコンのときのつよしくんの髪型を思い出し、薔薇と太陽をリリースしたときのつよしくんの髪型を思い出し、夢見れば〜のときのつよしくん、バラードセレクションのときの…と、今に至るまでのつよしくんの髪型を思い出した。思えば、わたしがつよしくんをすきになってから一度も髪を切っていない。ずっと切らずに伸ばし続けていた。もういいんじゃないの、って思ったこともあるくらいどんどん伸びていった。本人も「後ろから見るとええ女」と言うくらいきれいに髪が伸びていた。元々ロン毛がすきではない私は、つよしくんのロン毛を受け入れるのにすごく時間がかかった、らしい。本当にびっくりしたけど、今現在受け入れられてるから記憶が消えてるんだよね。過去のツイートを見返したら「どんどん伸びていく…」とか「短髪すきなんだよなあ」とか言ってた。全然受け入れられてないじゃん。

でも、そんな私もいつの間にかつよしくんのこの髪がすきになっていた。時間が経ったら受け入れられているアレだ。いろんなヘアアレンジは見ていて楽しいし、あの赤い髪ゴムもかわいらしかったし、つよしくん以外真似できない髪だな〜なんて思えるようになっていた。そして、ふくろうカフェに行った時のつよしくんで、完全に射抜かれた。雑誌に載っていた、頭にふくろうを乗せてウインクするつよしくん。あまりにもすきすぎる。すきだ。思わず友人にそのつよしくんを送りつけた。実際放送を見たあとは録画したものを何度も繰り返し見て、つやつやもちもちの肌と、かっこいいお洋服と、きれいにくるくるされたきれいな髪の毛と、つよしくんのお顔の美しさに、何度も打ちひしがれた。

 

前回の記事でも言っていたけど、私はつよしくんの時枝ユウジのときの髪が一番すきだ。あのときは短髪の金メッシュ。

だから、髪を切ることに反対ではないし、むしろ短髪になるのなら嬉しいことだ。

 

でもつよしくんのロン毛期間があまりにも長く、そこまできれいに伸ばしてきたので単純にもったいない。残念。あと目標の乳首には到達したのかどうなのか。もうアレンジはやり尽くしたのか。個人的にはポニーテールが見てみたいのだけど、髪切る前にやる予定はあるんだろうか。いろんなことを考えてしまう。

どんな髪型にしようが、どんな色にしようが、どうしようが彼の勝手だし、こちらが何を思ってもしょうがない。まだ切るんですよ〜と言われただけで、いずれは切っちゃうよ、なのかもうすぐにでも切りますよ、なのかもわからない。でも私の中でロングつよしくんのままでいてほしい気持ちと、短髪つよしくんになってほしい気持ちでせめぎ合っていて全然落ち着かない。落ち着けるわけがない。

ほんとに何回も言うけど、髪型ひとつでこんなに気持ちが乱されて、振り回されるなんて思ってなかったよ!

 

だからさ、つよしくんさ、髪切る前にもっといろんなアレンジして、ヘアアレンジ本出してね。

(髪が長いうちに、髪下ろしてるつよしくんがジャニショの写真にもCDにもPVにも残って心底ほっとしている) 

 

 

ちなみに前回相葉くんの黒髪にも慣れてかわいい!相葉くんは何してもかわいい!と言っていたが、私はまだ相葉くんの茶髪を諦めきれないでいる。

相葉くんも先日やっと真っ黒を脱出し、少しウェーブのかかった髪へと変化した。相葉くんの髪が変わったと情報が入った瞬間「茶髪!?茶髪になったの!!?」と喜んだのだが、残念ながらそうではなかった。でも私にとっては大きな変化だった。黒髪刈り上げの貴族様も、相葉くんがより大人っぽく見え、艶があってスマートなかっこよさが際立ってすきだった。でもそれに負けない圧倒的茶髪の相葉くん。私の中で茶髪の相葉くんは最高で最強なのだ。できることなら紅白くらいの明るさに、理想を言えばLOVEコンのときの髪型に、なったりしないかな〜!

 

 

 

でもね結局、時間が経てば受け入れられるんだよね。

かわいいからいい。

彼がかわいいから、それだけでいい。

 

どんな髪型でも、だいすきな彼だから受け入れられるんですよね。何しても結局すきにさせてくれる。だって過去振り返っても、いつのときも最強にかっこいいんだもん。

だから今はつよしくんの断髪に怯えながら、新しいつよしくんが見れることにワクワクしていようと思う。

また半年後、自担の髪型事情その3を書かなくて済むように願う。