好きなんだからしょうがない

相葉くんとつよしくんにメロメロ

地方DDジャニオタ応援スタンス

 

地方に住んでるDDジャニオタの応援スタンス。やりま〜す。すごい今更な気がするけどやりたいのでやります。

 

社会人2年目、クソDD。ここ数年ジャニーズに再熱。万年茶の間。

 

書きたいこと、下書きに溜め込んでて書き上げてないよ。どんどん最新情報きて頭追いついてないよ。嬉しいけど。嬉しいけどさ!
たらたらしてるとブログに飽きそうだから気合い入れていこう。どうぞ!

 


▶︎担当
相葉くん、つよしくん推し
もうすっかり剛くんへの気持ちは大きくなったんだけど、担当と呼んでいいのか迷っていて呼べてない。なんか呼べない。なので推し

嵐とKinKi Kids、あとエイトもちょっとだけ。
担降りができないジャニオタ。

 


▶︎CD
初回盤のみ購入。
シングル1曲+シングル曲PV(メイキング付)が初回形態の場合。嵐は基本コレなので、ほぼ初回しか持ってない。
例外でカップリングがいいとか(情報を見て)、AとBで特典映像が違くてどうしても見たいとかは初回以外も買う。あんまりないけど。通常はあとでレンタルできるし、そもそも収録されている曲が2曲くらいで1,000円くらいするじゃない。アルバムって10曲以上入って、しかもシングルも入ってて3,000円。そう考えたら、シングルのCDってあんまりいらないかなと思ってしまう。価値が違うのかもしれないけど。しかし、少しでも売り上げに貢献したいのと、CDを買ったという事実がほしいの二つの理由から買う。あとね、コレクションしたいんだろうね!並べるの大好きだから、ずらーって並んだCD見てるだけで満足。

嵐は一時期初回特典のPVが4分くらいのみでメイキングなしっていうのがあったから地獄。シングル地獄。そのときは買ってなかったなあ。
それを考えるとPVが2ver.あるキンキ(ひとつはおふざけだけど)の方が嬉しいからどっちも買っちゃう。ずるいよね〜。やっぱりシングルCD買うなら、PV付きじゃないと嫌です!

 

 

▶︎DVD
初回盤Blu-rayのみ。
一度Blu-ray見てしまったらDVDの画質に絶望するもん。やっぱり画質は大事。汗が見える、まつ毛が見える、バックのJr.も見える。まあそこまで悪くないんじゃないか、とも思うんだけどBlu-rayのキレイさには敵わないよね。嵐は初回にブックレットついてるので、デザインはそこまで気にしない私は問答無用で初回のみ購入。収録内容さえ同じであればいい。
問題はキンキだよ!初回にMC入れて通常にWアンコ入ってたときは泣きそうだったよ!ふざけんな!MCをとるかWアンコをとるかなんて選べないから一緒に入れてくれ〜〜!!!!
エイトも特典が盛りだくさんなの嬉しいけど、全部買うお金の余裕がないのが悲しい。見れてない映像山ほどあるから悔しい。金に物言わせて発売が決定した瞬間に全形態即決したい。余裕できたら買うって言ってる間に次のDVD出るからできない。

家でだらだらして、ご飯食べながらとか、作業しながらとかする、ながらDVDが最高に楽しくてすき。BGMとしてかけてるからそのうちセトリ覚えるし言葉よりも大切なもの流れたら瞬時に手振って「あるから〜〜!!!」って叫ぶ。ほんと楽しい。

 


▶︎グッズ
デザインによる。
でもなんだかんだ、Tシャツとペンラとパンプは最低限として買っちゃう。その他は使えそうだったりかわいかったりしたら買うときもあるけど、基本的に「使わないものは買わない」。あと「行けなかった公演のグッズだけを買いに行かない」。グッズだけ買いに行ったことないけど、悲しくなるからやらないと決めている。
今のところ買って後悔したものがないので、自分の直感を信じている。

 

今度のキンキのコンサート、ペンラもうちわも控えて下さいとのことで、初めてでドキドキしているよ。ワクワクもしてるよ。100%泣くじゃん。
グッズ販売ないとか、ないよね…??

 


▶︎雑誌
嵐が連載してたときはW誌にお世話になったな〜〜。何年前の話だよ。本当に買わなくなった!雑誌自体!だって載らなくなった。
今はドラマや映画がないと雑誌を買わない。たまに女性誌の表紙になったとき、何かしら特集が組まれているとき、写ってるページが2P以上あるとき買うようにしている。年末のこの時期はテレビ誌を厳選して2冊に絞って買う。

まあ結局ビジュアルがタイプだったら買うんですけどね。たった数ページの為にお金払っちゃうのオタクの性だと思ってるからね。だってかっこいいんだもん。

月4冊が限度。これ以上買うな。

 


▶︎ジャニショ
すき!ほしい!って思ったら買う。
行くし行ったらめっちゃ買っちゃう。だって写真ってずっと残るじゃん。
推しグループはもちろんのこと、とりあえず満遍なく見て回る。そして自分の直感でピンときたら買うことにしている。判断基準はもちろん甘い。あんまり行けないから今逃したら次はない精神でいる。最終的に用紙を5枚くらい追加する。アホなんじゃねえの。

 

 

▶︎テレビ
問題はこれだよ。
テレビ好きなので、出ていたら録画して全部見たい。しかしこれができない。なぜかというと、単純に録画の容量がすぐ無くなるのと、テレビ疲れするから。
キンキはブンブブーンのみだからいいけど、嵐全員+個人の番組、エイト全員の番組となるとキツイ。それだけお仕事があるのはありがたいことだし、活躍しているところはこの目で見ておかないと!とは思うけど、それが実行できるかは別の話。録画消化に必死になってしまうと見てる意味ない。なんでテレビ見るのにこんなに頑張らないといけないのか、って思っちゃう。疲れちゃう。疲れちゃうとすごくいいけど回とかでも見ないでスルーしちゃうから、これにならないギリギリラインでテレビ見てる。

 

割り切って録画!ジャニーズのコラボはダビング!それ以外は見て楽しんだら削除!見れなかったらしゃーない!

あとローカルで週遅れも月遅れでも放送してくれるだけありがたいって思うようになった。大人になったわ。でもやっぱり時間差あるとちょっと悲しい。

 

▶︎現場
とりあえず応募、当たれば行く。
でも平日休めないから土日だけ。1人で、日帰りできたらなるべく泊まらないで帰る。

地方なのでやっぱり交通費がかかるから、遠征が基本。地元に来なくなってしまったグループを応援しているのがしんどい。毎回新幹線だの飛行機だの予約しなきゃいけないじゃない、乗り物嫌いじゃないけど体力使うんだよ特に飛行機!!!
そもそも年1のドームツアーのために生きてるようなもんだから、これ行けなかったら1年間何していたんだって思う。まあほとんど当たらないんですけど。現場が年1のアイドルしんどい。

そういえば斗真の映画舞台挨拶も、舞台も外れてしまって今年は彼に会えてない。もう、ほんと、これが心残り。そんなしょっちゅう会えるような仕事してないからこそ会いたいのに、やっぱり難しい。映画は観たから、それで我慢…。

 

 


ざっとこんな感じ!
ぶれないようにしないとお金がどんどん減る!このスタンスをキープできるからこそ楽しいオタ活なのだ。このスタンスキープで。
お金払えるのは大変嬉しいけど、ほんとにお金なくなるから気をつけようと思う。盲目になるのって本当に怖い。

 

先ほどまでGACHIを観てたので、あとで感想を。興奮しすぎて、もう1回行きたい。

勇敢じゃない私に

会社への通勤で電車を使うのだが、家から駅まで約30分歩いている。私はこの30分、歩きながら音楽を聴くことにしている。買ったCDはとりあえずiTunesにぶちこんでそのままにしがちなので、歩きながら曲をシャッフルしてかけている。耳に覚えさせるためだ。

 私はこの時間がすきだ。すきな曲が流れてくればテンションが上がるし、全然知らない曲が流れてきたらちゃんと聴こうと思うし、知ってる曲でもここいいなあとか改めて聴いてみて、新たな発見ができたりする。

 

先日、仕事で小さなミスを重ねて落ち込んで帰っていたときも、シャッフルにして音楽をかけた。

流れてきたのはKinKi Kidsの「勇敢な君に」だった。

 Lアルバムは買ってはいたけど全然聴いてなくて、どんな曲だったけなあと思いながらなんとなく聴いていた。なんとなく、だったんだけど、私は聴きながら泣きそうになっていた。 

 

 

まずイントロの音を聴いて不安になった。決して嫌ではないけど、心地の良くない音。 嫌じゃないんだけど、はあ〜〜落ち着く!という音じゃないから、そわそわしてしまう。そわそわ。そんな音。説明下手くそか。

 

返事がないね 君の心

僕の声とどくの?

待っていたんだね ドアを開けて

言ってほしいんだね 大丈夫と

 

い、言ってほしい〜〜〜!!!!!

剛くんの優しい声で、言ってほしいんだね、なんて言われたら素直になってしまう。言ってください。大丈夫の一言でいいんで。

そう、本当は不安で怖くて、自分のことを信じられなくなってダメになりそうだった。落ち込んでた。失敗ばかりで仕事がうまくいかなくなって、周りから認められなくなっている気がして。一度ミスをすると、なんでこんなところまで?となるような小さい誤字や勘違いがどんどん増えてしまう私は自分が怖くなっていた。自分で大丈夫と言い聞かせていたんだけど『大丈夫だよ』って、自分以外に言ってほしかったのかもしれない。

 

 

勇敢な君に会いにいくよ

心よ強くあれ

 

私は全然勇敢じゃない。そして弱い。現にこうして小さなミスを引きずるし、上司に強く言われたら言い返せない。自分から前に行けない。

ああ、誰かに背中を押してもらうのを待っていたんだな。「大丈夫だよ」って、言ってほしかった。そう気づかせてくれた。メンタルにきてるの〜〜!つよしく〜〜ん!!と泣きそうになった。

 勇敢なき〜みに〜〜の2人の声、たまんない。

 

 

もうこれ以上進めないなら

二人で引き返すのさ

 

このフレーズめっっっちゃすきなんですけど!!!なんて優しい言葉なんだろう。進めない?いや進める進める!いけるって!!じゃないんだよ。進めないなら、二人で引き返そう?なんだよ。もし二人で歩いていて、ひとりが立ち止まったらもう一人は先に進んでしまう。一人になってしまう。だから二人で「手を繋いで」引き返そう、なんだと思う。君が辛いなら、立ち向かえないなら僕も一緒だよって。

 

言葉のチョイスがすっごく素敵。すっごく。私はひとりじゃな〜〜い!光一くんと時間を長く過ごしたわけじゃないし友達でもないけど!

 

勇敢な君に愛を贈るよ

明日も強くあれ

 

「明日も強くあれ」と背中を押してくれる。強くあれ。強がれじゃないけど、自分で言い聞かせるのって大事。励ましてもらったあとに自分でも自分のこと励ますのと同じだよね。自分自身に立ち向かえる勇気があることが、勇敢なのかもしれない。自分には、負けちゃいけない。

僕が愛を贈るよ、大丈夫、明日も頑張ろうねって聴こえる。そう聴こえるの私の耳は。

 

 

 

2人の歌い方なのか、なんだか聴いていて心地よかった。消え入りそうで儚い感じがするのに、グッとくる。2人の声が心地いいと思うのはしょっちゅうだけど、心がダメになりかけているときに聴くと余計に感じる。KinKi Kids最高か〜〜!!!!!

 

 

人間だしミスはする。失敗する。落ち込むこともある。でもそのままじゃいけない。立ち止まるのもたまにはいいけど、ずっとはダメだ。

 

 勇敢じゃない私に、大丈夫と言ってくれる歌から元気をもらう。生きていける。

明日も音楽から元気もらおう。

 

ちなみに「勇敢な君に」は次の日から私のお気に入り曲になったよ。

ジャニヲタが楽しい日々

10月になってしまった。忙しい秋冬が始まろうとしている。そして、私事だがはてなブログ始めてから半年経ったらしい。9月11日で。1ヶ月経ってしまった。でも、なんだかんだ続けられている。本当は週イチ更新が目標だったけど。

 

 

 タイトル通りだけど、今現在ヲタクしてる日々が楽しくてしょうがない。

 2015-2016のカウントダウンあたりからじわじわと再熱してきて、今現在ガッツリ、ジャニヲタとして活動をしている私。そんな私ですが、今、すごく楽しい。もう一度言うが、すごく楽しい!!!わ〜〜〜!!!

 

ここ2年くらいでジャニーズへの熱量がすごく出て、今現在もその熱のまま動いている。

 まあ今年が怒涛で、特にKinKi Kidsをすきになってからが尋常じゃない楽しさ。20周年っていうのも相まって忙しかったしね。そしてKinKiから派生してぶい兄さんに手を出しそうになる始末。剛(ごう)と剛(つよし)のせいでだいぶすきになったよぶい兄さん。

 

その前までは二次元にどっぷりで、ゲームにアニメに忙しい毎日を送っていた。でもその間も、テレビに出ていれば見るし、CD・DVDが出れば買っていたのだけど。今思えばやることはやっていたなあ〜〜。でも、それでも私の最優先事項は推しキャラだった。ジャニーズ、もとい嵐は二の次だった。ジャニーズ→アニメ→ジャニーズって感じですきになってる。
でも今はジャニーズを追いかけている。ジャニヲタこんな楽しかったっけっていうレベル。しんどいのも乗り越えられる強さ。

 

 

ジャニヲタのきっかけの嵐をすきになったのは何年も前*1だけど、ずっとすきでしたか?と問われるとそうではない。一度も嫌いになったことなどないのだが、離れていた時期はあった。*2「すき」の熱量は常に一定ではない。ずっと一定の「すき」を保つのは簡単なことじゃない。正直、私には無理だ。常に全力疾走では息切れしてしまうから。その全力に疲れて少し離れて、また冷静になってやっぱりすきだな〜とまた思っているのかもしれない。

自分のすきはどの程度の「すき」なんだろう、と考えたけど結局は頭の中の「すき」なものの割合がどのくらいかによるんだと思う。今は頭の中の9割がジャニーズ残りの1割はお金の心配…。

 

 

 

まあ楽しいって一体なんなんだってことなんだけど、

すきって気持ちだけで突っ走れることだと思う。

もちろんお金はかかるし、欲が出れば出るほど嫌なところも見えてしまうのだけど、それも自分で考えて回避すればひたすら「すき」を追いかけられる。自制できて、いるはず。キラキラした衣装で、キラキラしたステージで、アイドルをしている彼らがすきだ。その彼らを全身全霊をかけて応援することがこんなにも楽しいのかと。彼らを応援することで、私は生きていると実感するのだ。もはや生きがいだ。

 

 

学生だった頃は使えるお金は限られていたし、勉強や部活の方に熱を注いでいたが、もちろん彼らのこともだいすきだった。当時はファンならこれくらいしなきゃ!という気持ちがあって、なかなかしんどかった。今思えばそんな基準なんてものは存在しないし、自分のすきなように応援していけばいいだけの話なんだけど。レギュラー番組はチェックしなきゃ、CD出たら買わなきゃ*3、とまるで義務のようだった。それに疲れたのか、違うことに目を向けようとしたのか、そこから2〜3年は追うのをやめていた。周りを気にしすぎだったんだと、今なら冷静に思えるけど。この日々があったから、反省して、今のジャニヲタライフが楽しくできている。やっぱり無理するのはよくない!

 

 だから、自主的に離れるのって大事だと思っている。無理に近くにいようとしない。なんでもそうだけど、どうしても解せないことだったり、理解できないことをする人がいたり、なんか嫌だな、と思うことがある。それが悪化していくと、彼らを応援していることがしんどくなってしまい、しまいには嫌いになりかねない。彼らのことは嫌いにならなくとも、嫌いなものから逃げるために、ジャニーズというコンテンツから離れるしか方法がなくなってしまう。

そうなってしまう前に、少し距離をおく。カップルだって距離置いたりするじゃん。すきだから近くなりたいし、近くにいたいと思う。でも、近すぎると見える世界も狭まってしまう。そういうときに限って「好きすぎるがゆえ嫌いになりかねない」状況に陥る。需要と供給。心境の変化。まあ原因はいろいろあるけど、自分で原因がわからないなら尚更離れて冷静にならないといけないと思っている。

 

 

そのうち、熱が冷めてきて盲目的な今よりもっと冷静に応援できるようになるかもしれないし、違うものに目がいくかもしれない。それはわからないけど、今のこの楽しいという感覚を忘れないでいたい。そして今を全力で楽しみたい。楽しいです、ジャニヲタライフ。

 

 

今年は手帳を買ったのに、しばらく放置してしまったので来年はもう少しいろいろ有効活用したい。

あともっと彼らに会いたい。遠征がしたい。

もっと欲を言えばジャニヲタの友達が欲しい(なんだかんだこれが1番切実)。

 

 

 

みんなも楽しいジャニヲタライフ送ろうな!!!!!

*1:はっきり覚えてないけどたぶん今年で10年目

*2:ちょうどウラ嵐マニア発売のときに離れてて、あとから知って無茶苦茶後悔した

*3:嵐のシングルラッシュ時だったと記憶している

SHOCKを初めて観た話

 9月16日、光一くん主演の舞台「Endless SHOCK」を観に大阪へいってきた。その話。記憶があるうちに感想を書きたい。感想というかもはや日記に近い。

 

まず公演を観る前に、隣のビルのタリーズにて光一スペシャルを頼む。これがしたかった。メニュー表のチョコリスタが見つけられず、まあ普通に口頭で言えばいいものの、テンパってしまった私はTwitterの画面を見せて注文した。そしたら「ありますよ!」と言ってもらい無事に注文できた。しっかり「光一スペシャル」と容器に書いてくれたお兄さん、ありがとう!一緒にパンケーキも食べて腹ごしらえした。18時から約3時間何も食べれないのだから、お腹がしんどくなる前に食べられてよかった。

 

17時開場、そしてグッズ購入。買うものは事前に決めていたので、並ばずにすぐに買うことができた。しかし問題があった。それがポスターだ。でかい。何よりでかい。持ち帰るのも大変だし、何度もカバンから落としてしまい、大きくてキャリーにも入らなそうだった。実際入らず、どうしても折り目をつけたくなくて泣く泣く郵送した。正直無駄だったと思う反面、折らずに手元に来るのだから惜しくはないとも思う。これからはサイズを把握してから購入すると決めた。(後日郵送したポスターが届いたのだが、何度も落としたせいで少し線が入っていて残念だった)

私が行ったあとの17日からなんとステージフォトが発売されてた。なんですと〜〜!?と買いに行くか迷った挙句、まだ大阪にいたのをいいことに買いに行った。まさか2日連続で梅芸に行くとは。ステージフォトの存在を知らずに次の日帰っていたら後悔していただろう。もう次いつこういう機会があるかわからない。17日は公演時間中に買いに行ったから人もいなくて、存分に写真を選べた。ここで私は、辰巳くんのフォトを買った、買ったのです。貴族探偵以来、気になっていた辰巳くん。KinKi Kidsのコンサート観ながら後ろのふぉ〜ゆ〜をチラチラ確認していたんだよ辰巳くん。今回のSHOCKが辰巳くんと越岡くんだと聞いたときからそわそわしていたくらいだったんだけど。辰巳くんめちゃくそかっこいいじゃん。買うわ。光一くんの写真はどれにするか迷ったけど(それでも6枚中4枚購入した)、辰巳くんはすぐに決めてしまった。 こわいね、オタクこわいね。

 

そして18時。開演。ブザーが鳴って私の心臓もどんどん高鳴っていった。始まって光一くんが出てきたんだけど、そこからもう、私は堂本光一しかりコウイチに釘付けになっていた。光一くんなんて生で見たら眩しくて目が潰れてしまうのでは?と思っていた。実際潰れそうだった。双眼鏡越しでも光一くんはキラキラ輝いていた。

一言でまとめられる。堂本光一はかっこいい。

 

 どんな衣装を着ていても、その衣装の煌びやかさに負けない光一くんの美しいお顔。どんな踊りでもかっこよく踊るその姿。すごい、すごい。衣装ってステージで映えるようなものを着ているから、当然キラキラのビカビカなわけ。どのコンサート衣装でもギラギラの装飾付きの目立つ衣装あるじゃない。あれ。ああいうのを着て、光一くんが歌って踊っているわけなんだけど、なんて綺麗なんだろうって思った。とにかく綺麗なの。美なの。今までなんとなく王子スタイルだなあ、なんて呑気に見ていた衣装は「踊りを綺麗に魅せるため」の衣装だったのだ(きっとそう)。腰にひらひらがついてたり、コルセット巻いてたり、丈の長いジャケット着てたり。こういうのを着ていると、ターンしたり、大きい動きをしたりしたときに動くの。あれ、このためなんだって思った。本当に綺麗で、美しい。あまり言葉で伝えるのうまくないからちゃんと伝わっているかしら…。

あと、光一くんの生声感動した。あ〜〜今歌ってらっしゃる!!!とか興奮しきっていたけど、舞台観ながらジタバタできないから何かを噛み締めてメモをしていたんだおう。なぜかというと「生声ヤベエ」とのメモが残されていたので。事前にサントラを聴きまくっていたので、イントロが流れると「お!このシーンか!」と1人で興奮していた。よかった聴きまくっていて。歌声の他にも今まで聞いた事ないような光一くんの声も聞けた。怒号というのか、怒り、憤怒、すごい声だった。正直怖かった。恐怖の感情で間違いない。内くんの声もすごかった。ウチの迫力が半端なかった。対立して言い合うところとか、懺悔するところとか、観てて苦しくなるような場面が何度かあった。それがとても大事なシーンとわかっていても。

その前の「ダサいウチ」めちゃくちゃ面白かったのに。同じ人たちが演じていると思えないくらいだった。カンパニーのみんなで集まって歌っているところとか、本当心底楽しそうで。みんなニコニコしていて。かわいかった。リカに一生懸命アピールするウチと、コウイチについていくと決めているリカ。周りのタツミたちがウチをいじるのが面白かった。がんばってウチ!

すごく楽しみにしてた階段落ち、落ちるとわかっていて泣きそうだった。心の中で「コウイチ〜〜〜!!!!!」と叫んだもんね。光一くんがコウイチを演じているとわかっていてもすごく心にズドンときた。本当、よく怪我しないね。光一くんってやっぱり超人なのかな。それと一緒で心配しながら観ていたのが、ずっと観たかったフライング。はしごを渡るところもドキドキしながら観ていた。釘付けとはまさにこのことか、と。終始ドキドキしっぱなし。麗しいフライングだった。飛び方もさることながら、顔が。そう、顔が。

 感想はこんな感じ。思ってることだーっと打ち込んだので、文章として成り立ってない気がする。私からは以上。

 

堂本光一が魅せる「Endless SHOCK」の世界でコウイチが生きていた。すごい、すごかった。

これが「エンターテイナーの堂本光一」だ。 

 

終わってから、早く帰らねばと早々に席を立ったものの、退場が想像以上にスムーズで、多少立ち止まったりしたが全然苦じゃなかった。やっぱりコンサートとは違うんだな。会場も違うから当たり前なんだけど。よかった。あと会場は思っていたより寒くなかった。ちなみに台風の影響があるかなって思ったけどそこまで雨も強くなくて帰りには止んでいて無事に帰れた。いやあ楽しかった!!!大阪まで飛んだ甲斐があった。

 

 

ありがとうございました。すごく幸せな3時間だった。

アルバム発売決定だ〜〜い!!!

嵐の新しいアルバム「untitled」と、発売日が決まった。この情報を知ったら眠気が吹っ飛んでしまい、昼休みも興奮して昼寝できなかった。ついに!来たぞ!!!ワクワク!!!

 

今回もまた、新しいことに挑戦しているらしい。何年か連続でアルバムをコンスタントに出してくれるの本当にありがたい。そのアルバムひっさげての毎年ツアーもしてくれてありがたい。五大ドームしか回らないけど。いいけど。

そんなことを言いたいのではなく、今回のアルバムで1番驚いたことについての話がしたい。

 

先日の私のツイートがこれ。

 

現実になった。

正直今でも信じられていないので、どの組み合わせで曲名がどうなのか、手元にアルバムが届くまで疑ってしまうと思う。それくらい衝撃的だった。嵐が?ユニット??夢かな???

いやこれずっと前から思ってたことなんだけど、ちょろっと呟いたら次のアルバムでユニットとは。

あと他のユニット見たことない、って言ってるけど歌ったことがあるらしい。知らなかったのです、ごめんなさい。

 

 

 今までずっとソロで5人それぞれ、いろいろな曲を歌ってきてくれていたから、それはそれですごくすきで楽しめるのだけど。ユニットって、2人か?3人か?組み合わせは?グーパーで決めていてほしい(願望)。嵐のじゃんけんすきな人結構いると思うんだよね〜〜!!!あの他テンポの速い「サイショハグッジャンケンポイッ」。たのしい。エイトのセンターは俺だ!くらいのことしてほしいけど、嵐でやるとすげ〜ほんわかしそうで勝負にならなそうだし争いに向いてない。なので嵐といえばのじゃんけん方式で決めていてほしい。特典のDVDに期待してもいいかな、いいよね、PVだけじゃないって、期待するからねジェイスト。

 

どのユニットになるか、どんな曲なのか。

 

とにもかくにも楽しみ!!!ワクワクしながら10月18日を待とう!わーーーい!!!