好きなんだからしょうがない

相葉くんとKinKi Kidsにメロメロなジャニヲタ

はたらく

働くということ。労働をするということ。お給料はその労働に対しての報酬である。私たちは仕事をして、お給料をもらう。ということは、そのお給料に見合った仕事をするべきなのだ。等価交換だから。

だから中途半端は許されないし、不正があるなら謝罪、責任をもってどうの、ってよくニュースで見るやつだ。誠心誠意、真心を持って仕事に取り組むこと。これが大前提。

 

働き始めて1年。たくさんのことを経験した。初めてだらけで慣れない環境でどうしていいかわからないことだらけだった。「働いてお金をもらう」ことが最近やっとわかってきた。

労働がお金になる。お金は生きていく上で必要なものだ。これを稼ぐために、私は仕事をしている。

 

会社から給料をもらっている身なのだから、仕事をしないとこの関係は成立しない。あなたは仕事をしないんですね?じゃあこちらからも給料は出しませんって話だ。超簡単。

なんでこんな簡単なことがわからないんだろう。理解しないんだろう。しようとしないんだろう。働くことってこういうことだと思うんだが、どうしてその決断になるんだろう。私はこう思うだけで、他の人は違うように思ってるんだ、それは偏見だ!と言われればそれまでだけど、考えは十人十色だけど、世の中にはそんなの関係ない「ルール」ってのがあるんだよ。横断歩道、赤は渡らない、とかそういうやつだよ。私は渡りたいから渡るの、なんか文句ある?じゃねんだよ、あるよ、ルール守れよってこと。

 

 

何が言いたいかって働かざる者食うべからずですわ。

根性論なんて今は言ったらパワハラだなんだって言われるのかもしれないが、ちょっとやそっとのことでへこたれて直らない人より、根性があってへこたれても前を向ける人のほうがいい。根性は、あったほうがいい。適度に。(頭の中のBGMが完全にギガマジメ我ファイト)

 

甘ったれの私でも、お給料を毎月もらっていたら働かなきゃ、仕事をしなきゃと思う。

ひとりでも周りにいると、若いもんは、と一括りにされるのが心外である。一緒にすんな。

 

 

 

あゆはぴ、初回と通常どっちも予約した。税込15,000円。このために働いてる。

本当は光一くんやニノの仕事観についても書きたかったのに、思ったことを綴った結果がこれである。反省。明日も仕事だ。

 

堂本剛くん38歳

本日4月10日。堂本剛くん38回目のお誕生日。おめでとうございます。そして同時に、光一くんお兄ちゃん期間の終了。うーん、誕生日が100日違いってやっぱり運命?

せっかくなので、私がすきなつよしくんの話をする。なんのせっかくかわからないが。

 

私がそもそもKinKi Kidsをすきになったのは、愛のかたまりを何回も聴いてしまったから。あの詩を書いてるのって堂本剛…!?嘘だろ?みたいな感じだった。つよしくんの印象は「歌の上手いジャニーズ」だったから、こんな女性目線の詩を書くようには見えなかった。今も見えない。

それから彼の作る楽曲に何度か触れてきた。

 

あ〜〜この人天才だ!!!!!

と、思う。天才。才能がある人。「自分の感覚」で人を魅了することができる人。言葉を知らないがためにこんな表現しかできないが、彼はスゴイのだ。

堂本剛の感性」には驚かされる。これってこうなの?え?違うの?って理解ができなくても、これってスゴイってそれだけはわかる。だから天才なんだと思う。

 

あと、歌い方。私自身がクソ音痴なので、難しいことはわからないけど、彼がめちゃくちゃ歌がうまいことはもうハッキリとわかる。

そして、彼が歌う女性目線の歌詞の曲。これね、なんでこんな色っぽいの???女として負けてる!!って思うくらいに色っぽく、女性らしく、切なそうに歌う。Mアルバムの愛のかたまりを聴いてくれ。恋涙を聴いてくれ。たぶん他の人が歌ったらこんなに響かない。つよしくんの声で、つよしくんの歌い方だから響くものがある。もちろんかっこいい曲だってなんだって彼が歌うとすごく心にグンッてくる(表現できなさすぎ)。

歳を重ねるごとに変わる歌い方。今後もより素敵になっていってくれるんでしょうね〜〜。

 

 

そして何より、つよしくんのすきなところ。嘘がないところ。そして、光一くんが大好きなところ。

これはどうしても外せない。彼は堂本剛だけど、KinKi Kidsでもある。そして、堂本光一の唯一無二の相方なのだ。

SONGSで言っていた「遠くから見守る愛もあんねん」という言葉。ああまさに、今のKinKi Kidsだ、と。小さい頃からずっと一緒だった2人。もちろん近くにいる時はお互いの愛を感じていたんだと思う。「KinKi Kidsは家みたいなもん」って光一くんが言ってたんだっけ?そ!くらい、当たり前に存在するのがKinKi Kidsという、2人の作る、2人のグループ。ソロ活動が増えてきて、ずっと一緒ということは随分減った(と思う)。だから、遠くから見守る愛。お互いのソロには、お互いが踏み入れられない何かがある。それがないと、1人でやる意味なんかない、と。いいんだよ近くにいなくたって。愛がある、通じてるんだから。お互いがそれでいいんだから。

深いです、つよしくん。

 

彼の口から出る言葉は、繊細で、弱くて、でも力強くて、本音で、嘘がない。真っ直ぐ大きな目で見つめてくる。そしてニッコォ〜〜と笑う。もうそれだけで伝わる。難しいことはなにひとつしてない。伝えたいことを伝えようとしてるだけなんだと思う。言葉ひとつひとつに重みがあって、ああ、こう思ってるのか、とか感じられる。

少し奇抜でズレてる人のように見えて、彼はどこまでも真っ直ぐなんだと思う。向き合う。いろんなものと。それができる人って無条件にかっこいいんだよ。

 

つよしくん、改めてお誕生日おめでとう。

今日は39の剛くんセレクト聴きながらどヤ!待ちするゾ。

愛を込めて。

全部だきしめられたい

全部だきしめてKinKi Kidsの4枚目のシングル。

はじめて聴いたときはいい歌だな~みたいな感じだったけど、歌詞をよくよく聴いてみたらいい歌どころじゃないくらいにいい歌(曲)。ほんとに好きすぎるので、私の個人的感想まとめ。

 

この曲は吉田拓郎さんの歌のカバー曲で、KinKi Kidsの2人がギターを弾くきっかけになったんだそう。2人が並んでギター弾いてるのはとても絵になるなあとつくづく思う。

  

好きだなあと思うポイントそのいち、私が1番好きな歌詞がこれ。

 

いいさ 落ち込んでだれかを傷つけたいなら

 迷うことなく ぼくを選べばいい

 

うわ~~~~~ん!!!!(号泣)

誰だって落ち込んで八つ当たりとか、むしゃくしゃしたりするもの。人に当たったりしちゃう。でもそれって人を「傷つける」行為だ。誰だって八つ当たりなんかされたくないし、傷つきたくだってないはず。でも「ぼく」は、「ぼく」なら傷つけてもいいよ、と言う。なんだその優しさ。最上級の優しさなの?すき。

頼りにしてもいいよ、ともとらえられるけど、誰かを傷つけたいなら、と言ってるから、頼りにするとはまた違う感じなのかなと思う。だからこそグッとくる。抱きしめてそんなこと言われたら恋に落ちる。

 

そのに

さびしさの嵐のあとで

きみの笑顔を さがしてあげるよ

 

 優しさのかたまりじゃん???

笑顔にしてあげるのではない。さがしてあげるのだ。僕が君を笑顔にしてあげるから泣かないでよベイベーではないんだ。一緒になってさがしてくれる。さびしさの嵐、これはつらいこと、悲しいことのことかな。それは「ぼく」がどうこうできるわけではないから、それが終わったあと、「きみ」が笑顔になるように、笑顔をさがそう?と言ってくれている。 

こんなん泣くだろ嬉しくて!!!

つらいことを避けない。逃げない。全部だきしめる。

これができないから毎日たくさん悩んで戦うんだよね。だって嫌なことからは逃げたいじゃない。できることなら通りたくないのに。しゃあねえ受けて立つ!(ニノちゃん風)なんて、簡単にできないときだってあるから。立ってられないくらいしんどいときに、誰かがいるだけで立ち上がれたりすんのよね。

 

そのさん

全部だきしめて きみの近くにいよう

きみが黙るなら きみにささやいて

さ、ささ、ささやいて…

これは特に理由もなく好きなフレーズ。黙るならささやく。絶対対義語じゃない。でもなんかしっくりくるのはなぜ。ささやいて、って言ってもほんとはささやいてないのかもしれない(ちょっとなにを言いたいのかわからない)。

まあ、そう、黙ってたっていいよ、ってこと。なにも言わなくても大丈夫だよ、ってことかな。そう思う。しゃべるのもしんどいときってある。愚痴を言うことでスッキリするはずが、愚痴ったらすごく疲れてるとき。近くにいて、黙ってる「きみ」にささやいてくれるのか…。すごく、すき。

 

そのよん。

サビのところ。君の涙まで~↑で上がって、君の笑顔まで~↓って下がる。あれ、普通笑顔のときに上がらない?涙だったら悲しいから下がるんじゃない?と思った。でもそうじゃない。なんだか不思議だな~と思うのに、いやな感じがしない。なんでだろう。逆を想像すると違和感がすっごいのでこれでいい。

 

メロディも優しい。この曲は優しさの提供がすごい。あまり音楽に詳しくないのでうまく書けないけど、音がごちゃごちゃしてないので体にスッと入ってくる(?)。寝る前に聴くのもオススメ。

 

 

あと少しちがうかもしれないが、「彼らが本気で編むときは、」でマキオの台詞で「受け入れます、全部」というのがあった。ああまさにこれだ、と私は思った。受け入れる。これが難しい。言うことを聞くとか、従うとか、アドバイスをするとかしないとかではなく、その意見自体を「受け入れる」。心に余裕と愛のある人にしか言えない言葉だろう。

全部だきしめてもそんな感じがする。世の中には自分の力ではどうしようもないことが起きる。落ち込んだり、八つ当たりしたくなったり、さびしくなったり、失敗したり。そういう避けられない嫌なことがある。それを「だきしめる」。泣いたり笑ったりすることも全て。そういうことも、全部人生の一部だし、成長していくためにきっと必要なこと。泣くことも笑うことも一緒。だから受け入れるから、あなたの涙も笑顔も想い出もぜーんぶ、だきしめてあげる。隣にいるよ。ね?みたいな… 

弱ってるときにこれ聴くとほんとだめ。曲に優しくされて泣く。涙がぶわって出てくる。感動とか励ましとかじゃなくて包まれるというか。包み込まれるみたいな。2人の声がすごく透き通って沁みる。何回も何回もだきしめてくれるんだこの曲は。

 

全部だきしめて」簡単なようで難しい。大事な人に歌いたい曲。

 

 

がんばれ!という応援ソングにもとれるし、好きな彼女のための歌にもとれる。

う〜〜〜ん、すてき!そのときの気分によって解釈の仕方を変えられる。

 

ああ全部だきしめられたい。

だきしめてくれ。

今日もこの曲を聴きながら眠る。

どうぞみなさんもKinKi Kidsに全部だきしめられてくださいませ。

来年度の目標を

 唐突ですが、

現場に行きたい。

 

一昨年初めてジャニーズのコンサートというものに行くことができた。行ったのはエイトのリサイタル。これが初現場となった。このとき、初めて生で見る関ジャニ∞に感動しすぎて登場のときに泣いたのを覚えてる。セトリは全然覚えていない。近くにヨコが来たときなんかもう言葉にできないくらい胸にくるものがあった。

一生に一度でいいからコンサートに行きたいと思っていた夢が叶った瞬間だった。とにかく嬉しかったのだ。そのときはそれだけで満足していた。幸せとはこのことだ。

 

なのに!!!

 

昨年末に映画「土竜の唄」の舞台挨拶が当たった。完全にこれがきっかけである。

 

たまたま当たったのが大阪だったので大阪まで行った。大阪までは飛行機。ひとりで飛行機乗りましたわ。斗真の舞台挨拶のために、飛行機。斗真に会うためなら仕方ないかなあと思えてしまうのだから怖い。この日はなんとクリスマスで、私は斗真がいる空間で、斗真と一緒にクリスマスを過ごしたと言っても過言ではない。

ちなみに生の斗真は顔が小さくて、スッとしていて、はにかむ笑顔がどこまでもかわいくて一言でいうなら最高だった。かっこよさの塊だった。さっきまで竜二を見ていたのに、今目の前にいるのは生田斗真なんだとはっきりわかった。

このときも泣いた。初めは近すぎて(いやほんとに近くて目の前というか真ん前だった)頭が追いついてなかったのだけど、もう時間なので出ます!ってなったときに急に涙が出てきた。緊張しすぎてガン見しすぎて、ほんと時間があっという間だったのだ。あんなのじゃ足りないけど、ありがとう斗真。

(前置きのつもりが長くなっている気がするけど気にしない!)

 

なぜか現場ってコンサートだけだと思っていた。でもこういう舞台挨拶や、舞台や、番協だって立派に会いに行ける、こんなことに今更気がついたのだ。なんて遅い。いやお金が自由に使えるようになったから気づいたのかもしれないので、遅いこともないかもしれない。

 

そしてこのタイミングでKinKi Kidsを好きになり、光一くんが今現在舞台中であることを知る。なぜ私は、行こうとすらしなかったのか???どうして?あのエンターテイナーの堂本光一の舞台なんか観たくないわけないじゃないか!観たいよもっとすきにさせてくれ!!

グッズだけでも、雰囲気だけでも味わいたいので帝国劇場行きたい。

 

 

もちろんCDやDVDを買って、雑誌読んで、テレビ見て、ということももちろん楽しい。彼らが発信するものを感じれる手段はたくさんある。それも楽しい。正直それを追いかけるだけで精一杯だ。

でも一度「会える」ことがわかってしまったらもう、我慢ができなくなった。

だって会えるんだよ生で彼らを感じられるんだよ、こんなに幸せなことがあっていいのか?と神に問いかけてしまうよ?

 

とにかく生で彼らを感じたい。もうそれだけ。

 

 

今年も嵐さんがアルバムを出してくれて、ツアーをやってくれて、それに行けることがいちばん。その前にあゆはぴ待ってるね。

NEWSはもうすぐツアー始まるね。エイトが近日ツアーやるらしいじゃないですか。今は光一くん舞台やってるしね。

いやあ行きたい。行きたいよ。

 

今年は情報を早めに耳に入れ、見逃さないように、忘れないように、そして自分の運を信じると決めました。

というわけで、今年度の目標は現場にいく。決定。

はじめまして

 

はてなブログに憧れを捨てきれず、再スタートです。

 

愛を、ただ愛を吐き出すためのブログ。

 

 

嵐を応援してます。たぶんジャニヲタです。エイト、NEWSとかとか。

今はKinKi Kidsにお熱。

 

担当(という言い方はあまり好きではないが)

相葉さん

彼がかわいくて仕方ない。もう33歳らしいけど全く見えない。

大きい黒目。すらっと長い手足。くふふ、って笑ったときの顔。

かなり贔屓している自覚はある。いやだって、かわいいじゃん?

前からかわいいと言ってたけれど、今更彼にどっぷり浸かってることに気づいた。こんなにもすきでいるなんて、思わなかったよ。

 

コンビで推してるのが櫻井&相葉コンビ。

82年生まれ組。なのに早生まれ櫻井なので、同い年でいる期間は1ヶ月。こういうのがすっごいすきなんですなあ~~!!!

なんですきなのかってちょっと考えてみたけど、思い浮かばない。

とりあえずすきだし、2人でいるの見ると私はニヤニヤしちゃう。

 

 

斗真

イケパラの中津をすきになったのがきっかけなので、かれこれ10年ですか。

ずっと好きですね。いろいろな姿を見てきたけれど、彼を嫌になったり飽きたりしたことは一度もないかな。いつ見てもかっこいい。

 

下の名前を呼び捨てにしてしまう。なんか彼氏みたい、と友人に言われてしまったことがある。申し訳ない。さも知り合いのように呼んでてごめん。

とにかくかっこいいに尽きる。この人は。

 

 

相葉さん、斗真、ヨコが並ぶと発狂する。

そう、このへんの人たちがすきなのね。この前エイトと斗真が一緒に踊ってたFNSを何回見返したかわからない。

彼らがJr時代の画像を眺めてはかわいい~~!と叫ぶ。

 

 

息を吐くようにかわいいしか言わないマン(語彙力なさすぎ)

なるべく書きたいものを、思いついたときに書けたらいいなあと思います。

 

今いちばん欲しいものは、薔薇と太陽の初回A。

 

どうぞよろしく。