好きなんだからしょうがない

相葉くんとつよしくんにメロメロ

全部だきしめられたい

全部だきしめてKinKi Kidsの4枚目のシングル。

はじめて聴いたときはいい歌だな~みたいな感じだったけど、歌詞をよくよく聴いてみたらいい歌どころじゃないくらいにいい歌(曲)。ほんとに好きすぎるので、私の個人的感想まとめ。

 

この曲は吉田拓郎さんの歌のカバー曲で、KinKi Kidsの2人がギターを弾くきっかけになったんだそう。2人が並んでギター弾いてるのはとても絵になるなあとつくづく思う。

  

好きだなあと思うポイントそのいち、私が1番好きな歌詞がこれ。

 

いいさ 落ち込んでだれかを傷つけたいなら

 迷うことなく ぼくを選べばいい

 

うわ~~~~~ん!!!!(号泣)

誰だって落ち込んで八つ当たりとか、むしゃくしゃしたりするもの。人に当たったりしちゃう。でもそれって人を「傷つける」行為だ。誰だって八つ当たりなんかされたくないし、傷つきたくだってないはず。でも「ぼく」は、「ぼく」なら傷つけてもいいよ、と言う。なんだその優しさ。最上級の優しさなの?すき。

頼りにしてもいいよ、ともとらえられるけど、誰かを傷つけたいなら、と言ってるから、頼りにするとはまた違う感じなのかなと思う。だからこそグッとくる。抱きしめてそんなこと言われたら恋に落ちる。

 

そのに

さびしさの嵐のあとで

きみの笑顔を さがしてあげるよ

 

 優しさのかたまりじゃん???

笑顔にしてあげるのではない。さがしてあげるのだ。僕が君を笑顔にしてあげるから泣かないでよベイベーではないんだ。一緒になってさがしてくれる。さびしさの嵐、これはつらいこと、悲しいことのことかな。それは「ぼく」がどうこうできるわけではないから、それが終わったあと、「きみ」が笑顔になるように、笑顔をさがそう?と言ってくれている。 

こんなん泣くだろ嬉しくて!!!

つらいことを避けない。逃げない。全部だきしめる。

これができないから毎日たくさん悩んで戦うんだよね。だって嫌なことからは逃げたいじゃない。できることなら通りたくないのに。しゃあねえ受けて立つ!(ニノちゃん風)なんて、簡単にできないときだってあるから。立ってられないくらいしんどいときに、誰かがいるだけで立ち上がれたりすんのよね。

 

そのさん

全部だきしめて きみの近くにいよう

きみが黙るなら きみにささやいて

さ、ささ、ささやいて…

これは特に理由もなく好きなフレーズ。黙るならささやく。絶対対義語じゃない。でもなんかしっくりくるのはなぜ。ささやいて、って言ってもほんとはささやいてないのかもしれない(ちょっとなにを言いたいのかわからない)。

まあ、そう、黙ってたっていいよ、ってこと。なにも言わなくても大丈夫だよ、ってことかな。そう思う。しゃべるのもしんどいときってある。愚痴を言うことでスッキリするはずが、愚痴ったらすごく疲れてるとき。近くにいて、黙ってる「きみ」にささやいてくれるのか…。すごく、すき。

 

そのよん。

サビのところ。君の涙まで~↑で上がって、君の笑顔まで~↓って下がる。あれ、普通笑顔のときに上がらない?涙だったら悲しいから下がるんじゃない?と思った。でもそうじゃない。なんだか不思議だな~と思うのに、いやな感じがしない。なんでだろう。逆を想像すると違和感がすっごいのでこれでいい。

 

メロディも優しい。この曲は優しさの提供がすごい。あまり音楽に詳しくないのでうまく書けないけど、音がごちゃごちゃしてないので体にスッと入ってくる(?)。寝る前に聴くのもオススメ。

 

 

あと少しちがうかもしれないが、「彼らが本気で編むときは、」でマキオの台詞で「受け入れます、全部」というのがあった。ああまさにこれだ、と私は思った。受け入れる。これが難しい。言うことを聞くとか、従うとか、アドバイスをするとかしないとかではなく、その意見自体を「受け入れる」。心に余裕と愛のある人にしか言えない言葉だろう。

全部だきしめてもそんな感じがする。世の中には自分の力ではどうしようもないことが起きる。落ち込んだり、八つ当たりしたくなったり、さびしくなったり、失敗したり。そういう避けられない嫌なことがある。それを「だきしめる」。泣いたり笑ったりすることも全て。そういうことも、全部人生の一部だし、成長していくためにきっと必要なこと。泣くことも笑うことも一緒。だから受け入れるから、あなたの涙も笑顔も想い出もぜーんぶ、だきしめてあげる。隣にいるよ。ね?みたいな… 

弱ってるときにこれ聴くとほんとだめ。曲に優しくされて泣く。涙がぶわって出てくる。感動とか励ましとかじゃなくて包まれるというか。包み込まれるみたいな。2人の声がすごく透き通って沁みる。何回も何回もだきしめてくれるんだこの曲は。

 

全部だきしめて」簡単なようで難しい。大事な人に歌いたい曲。

 

 

がんばれ!という応援ソングにもとれるし、好きな彼女のための歌にもとれる。

う〜〜〜ん、すてき!そのときの気分によって解釈の仕方を変えられる。

 

ああ全部だきしめられたい。

だきしめてくれ。

今日もこの曲を聴きながら眠る。

どうぞみなさんもKinKi Kidsに全部だきしめられてくださいませ。