好きなんだからしょうがない

相葉くんとつよしくんにメロメロ

はたらく

働くということ。労働をするということ。お給料はその労働に対しての報酬である。私たちは仕事をして、お給料をもらう。ということは、そのお給料に見合った仕事をするべきなのだ。等価交換だから。

だから中途半端は許されないし、不正があるなら謝罪、責任をもってどうの、ってよくニュースで見るやつだ。誠心誠意、真心を持って仕事に取り組むこと。これが大前提。

 

働き始めて1年。たくさんのことを経験した。初めてだらけで慣れない環境でどうしていいかわからないことだらけだった。「働いてお金をもらう」ことが最近やっとわかってきた。

労働がお金になる。お金は生きていく上で必要なものだ。これを稼ぐために、私は仕事をしている。

 

会社から給料をもらっている身なのだから、仕事をしないとこの関係は成立しない。あなたは仕事をしないんですね?じゃあこちらからも給料は出しませんって話だ。超簡単。

なんでこんな簡単なことがわからないんだろう。理解しないんだろう。しようとしないんだろう。働くことってこういうことだと思うんだが、どうしてその決断になるんだろう。私はこう思うだけで、他の人は違うように思ってるんだ、それは偏見だ!と言われればそれまでだけど、考えは十人十色だけど、世の中にはそんなの関係ない「ルール」ってのがあるんだよ。横断歩道、赤は渡らない、とかそういうやつだよ。私は渡りたいから渡るの、なんか文句ある?じゃねんだよ、あるよ、ルール守れよってこと。

 

 

何が言いたいかって働かざる者食うべからずですわ。

根性論なんて今は言ったらパワハラだなんだって言われるのかもしれないが、ちょっとやそっとのことでへこたれて直らない人より、根性があってへこたれても前を向ける人のほうがいい。根性は、あったほうがいい。適度に。(頭の中のBGMが完全にギガマジメ我ファイト)

 

甘ったれの私でも、お給料を毎月もらっていたら働かなきゃ、仕事をしなきゃと思う。

ひとりでも周りにいると、若いもんは、と一括りにされるのが心外である。一緒にすんな。

 

 

 

あゆはぴ、初回と通常どっちも予約した。税込15,000円。このために働いてる。

本当は光一くんやニノの仕事観についても書きたかったのに、思ったことを綴った結果がこれである。反省。明日も仕事だ。