好きなんだからしょうがない

いつだってキラキラなアイドルたちへ愛を綴る

三十路までJr.だった男たちの話

 私が三十路までJr.だった男たち、もといふぉ〜ゆ〜しっかりと認識したのは2017年2月19日のおしゃれイズムだった。

 

「いろんな先輩から「あいつらすごい」って可愛がられてるのに、売れる気配がないヤツらがいるんです」


この日ゲストの生田斗真から一押しの後輩として、そう紹介された4人。どこか昭和風な決めポーズを決めて出てきた。ふぉ〜ゆ〜というグループがあることは知っていたが、写真ではなく動いている彼らを見たのは、たぶんこのときが初めてだった。

 

「先輩たちから引っ張りだこで忙しいんです、彼ら」

「ダンスがすごいんですよ!」

と、斗真に言われ披露した雨のMelody。なめらかで、しなやかで、かっこいいダンス。このときの私はその後の斗真が踊っていたのが印象的で、そこばかり繰り返し見ていた。そう、このときは彼らに少し興味が出たものの、やはり斗真しか目に入っていなかったのだ。

 

その後の私は、彼らのことをよく目にするようになる。きっかけはKinKi Kidsわ〜〜キンキにハマったら次の沼が見えた!

彼らのコンサートDVDを買うとふぉ〜ゆ〜がいる。バックで踊っている4人組がいる。見たことがある4人組だ。調べてみたらずっと前からジャニーズにいて、舞台にも出て活躍しているらしい。4人とも名前に「ゆう」がつくからふぉ〜ゆ〜。*1 年齢は全員30歳(当時)と、そこそこいっているのに、ジャニーズJr.。あのとき気に留めなかった彼らを、キンキを通じてまた興味もちはじめていたのだ。

 

そこからはとても早かった––––

 

 9月に梅田でSHOCKを見て辰巳雄大に興味をもつ。*2 そして彼らが4人で作った舞台「GACHI」をやっていると知って、すぐにチケットをとった。なぜかわからないけど今すぐ見なきゃ、と思った。もうすでに東京での公演を終えていたことを知らなかったので、行けそうだった大阪公演へ。

 

感想としては、すごく楽しかった。大阪までいってよかったと思った。

GACHIで見せてくれた姿は紛れもなくふぉ〜ゆ〜そのもので、彼らがやりたいことを自分たちの方法で見せてくれた。今まで彼らが学んできた知識や培った経験、ダンス、ステージの魅せ方。ふぉ〜ゆ〜が舞台を作るとこうなる。これが「ふぉ〜ゆ〜のやり方」なのだと。まさに全力のエンターテインメント。ダンスで魅せて、喋りで笑わせて、最後には感動させてくれる。心が揺さぶられた。彼らは間違いなくエンターテイナーだと思った。

 でも、空いてる席がちらほらあるのを見て寂しく思った。こんなに楽しい公演なのに。

 

もったいない。

非常にもったいない。彼らを秘密兵器なんかにしないでもっと前面に押し出すべきだ。

 

ふぉ〜ゆ〜は最高だと!!!

 

彼らのことをみんなに知ってほしい!!!

彼らは魅力的なグループなのだと伝えたい!!!

 

 

 

 なぜ私がこんなにふぉ〜ゆ〜の話をしているのかと言うと、それは1月29日発売の週刊スピリッツ、
「ふぉ〜ゆ〜 〜三十路までJr.だった男たち〜」を読んだからである。

是非手にとって買って、中を読んでほしい。

ふぉ〜ゆ〜ってどんな人たちなのか、どんな道を歩んできたのか、彼らが何を思っているのかが詰まっている。正直こんなに読み応えがあると思っていなかった。とにかくぎゅっと内容が詰まっている。レスリー・キーさんが撮った写真もふぉ〜ゆ〜らしいと思うし、かっこいいし、やっぱり最後には笑顔にしてくれる。彼らの魅力がたった数ページなのに、ぎゅうぎゅう詰まっている。

 

入所して20年。「今まで過ごしてきた時間で無駄な時間なんてない」と語る。でも彼らが歩んできた道はまっすぐとは言えない。20年もいればいろんなことがあっただろう。辞めてしまう仲間、次々にデビューする同期・後輩を見て、どういう気持ちで過ごしてきたんだろう。もちろんわかるはずもないし、知ったところでどうしようもないのは百も承知だ。でも彼らにとってはそれが必要で、大事な"経験値"なのだ。

先日、舞台「ぼくの友達」で初めて主演をすることになった辰巳が「遠回りしてきたなんて思ってない」と言った。入所して20年、年齢は31歳。周りから見てみてたら「遅い」ことも、そんなことが大事じゃない。「やりたいことが実現できたことが大事」だ。辰巳は3人芝居がしたい、青山クロスシアターで芝居がしたいと以前より口に出していたらしい。それが叶ったのだ。それを実現したことが、辰巳にとって大事なことだ。

 

決して無駄なんかじゃない。夢がある。やりたいことがある。そのために頑張る。

それを言える彼らのことを応援したい。

 

 

 彼らはただのバックダンサーでも、舞台俳優でもない。

ふぉ〜ゆ〜というアイドルだ!!!!

そう大声で言いたい。 

 

 

そしてスピリッツには生田斗真主演の映画「土竜の唄」の原作漫画作者である、高橋のぼる先生がふぉ〜ゆ〜を描いてくれている。そして斗真からのコメントも載っている。大変貴重で、ありがたい。きっとスピリッツにこういう特集が組まれたのも、斗真繋がりだったのだろう。スピリッツさん、斗真、ありがとう。

 

知れば知るほどふぉ〜ゆ〜は魅力がたっぷりのグループ。

私の言葉より、スピリッツを読んだ方が早い。ふぉ〜ゆ〜をおすすめしたくて書いたはずなのにふぉ〜ゆ〜に関する情報をまるで書いてない。けど書いてくれてるお姉様たちがいるので「はてな ふぉ〜ゆ〜」で検索をかけてほしい。

 

 

福田

越岡

辰巳

松崎

この4人がふぉ〜ゆ〜(4U)。

 

興味をもった方は是非スピリッツ買って読んでみてね! そしてふぉ〜ゆ〜のことをもっと知ってね!アーイ!

読んでくれてサンキューサンキューで〜〜す!!!

 

*1:ゆうの漢字が全員違うところが最高

*2:「SHOCKを初めて観た話」参照